女性に惚れられるLINEテクニック

女性に惚れられるLINEテクニック

便利なコミュニケーションツールであるLINE。しかし、それならではの特徴を生かして恋愛ツールとして使いこなしている男性は少ないようです。メールとの違いを理解し、女性に読んでもらえる、返事を返したくなるテクニックや注意点をご紹介します。

  • 【既読スルーは厳禁】

    既読マークはLINEの便利な機能である反面、既読スルーは絶対にしてはいけない事です。女性からのメッセージには早めに返信しましょう。急な話題で返信に困った時でも、後から「遅れてゴメン」と先に謝ってから話題に返信しましょう。出来れば半日以内で既読スルーを回避して、いきなり返事が遅れた言い訳から入ったのでは女性への印象が悪くなり、後々の恋愛心理に悪影響を及ぼします。

  • 【避けるべき話題】

    女性とのLINEで避けなければならない話題がいくつかあります。
    ・自慢話は避けましょう。「オレってスゴいんだぜ」な話題はリアルの会話でも多用すべきではないし、ましてやLINEの世界まで自慢話をされてはたまりません。むしろ、会話の中で相手の女性を褒めたりする話題が好まれます。
    ・意味のないその日の報告もやめましょう。仕事で疲れた女性に「今日、俺ヒマだったんだ」などと送ったらそこで即会話終了。
    ・長文は送らない。メールではないのですから、基本短いメッセージのやりとりでコミュニケーションを取りましょう。文章のスキルが問われます。

  • 【頻度に注意】

    1日に何度もメッセージが送られて来ると女性は「ウザイ」と感じます。原則、朝または夜の挨拶メッセから始めて、女性からのメッセージに応える形でやり取りしましょう。その際にも、「今日もお仕事お疲れ様」と女性をねぎらう言葉から始めると好印象です。女性は常に認めてもらいたいのです。その心理を忘れずに。

  • 【スタンプは多用しない】

    スタンプですが、多用は考え物です。付き合ってもいない女性にハートマークの多用は嫌われる原因になります。会話をスタンプだけで済ませようなんていうのはもっての他。ボキャブラリーや知性を疑われます。会話の中にひとつかふたつ気の利いたスタンプがあればいいでしょう。出来れば有料でセンスのいいものを選ぶと女性からの印象も上がります。

  • 女性に惚れられるLINEテクニック
  • 【効果的なワンフレーズ】

    短いメッセージ主体のLINEならではの効果的な使い方をいくつかご紹介しましょう。
    ・「美味しいお店みつけたよ」具体的にどこのどんなお店かはあえて言わずに「美味しい」や「素敵な」といったポジティブなフレーズを送ると、受けた女性は「え?どこにあるの?」や「どんな料理?」と質問せずにはいられません。自分の会話に巻き込みましょう。
    ・夕焼けや空の写真を送るメールでも出来ますが、あえてLINEでキレイな風景写真を送ってみましょう。「こんな空だったよ。そっちはどう?」とさりげない会話が始まります。風景写真を送る事で「センスのいい人だな」と女性に思わせればしめたもの。後は落とすのみです。
    ・「ありがとう」と送ってみる。メッセージの最初や最後に「今日はメッセ、ありがとう」と送るだけで女性は好印象を受けます。「私は特別に思われているんだ」と感じるからです。
    ・大切に扱われたい、お姫様でいたいというのは女性永遠の憧れ。そこを攻めない手はありません。「ありがとう」のたった一言がポイントです。

    いかがでしょう?たかがコミュニケーションツールですがそのコミュニケーション次第で実際の印象も大きく変わります。日頃のLINE会話で女性を惚れさせましょう。